読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嬉野会 's blog

本ブログは,兵庫教育大学大学院社会系および認識形成系教育コース社会系教育分野の同窓会である嬉野会の広報ブログです。嬉野会では,2015年度より,兵庫教育大学学校教育学部社会系コースの卒業生ならびに在学する学生・院生を含めた組織に拡大するとともに,会員相互の研修を図ために,UTS(Ureshino Teachers Support)教育研究会を年5回程度開催することを計画しています。本ブログでは,主にUTS教育研究会の開催お知らせ等を掲載します。

第8回UTS教育研究会が開催されました!

平成28年7月10日(日) 兵庫教育大学 加東キャンパスにおいて、第8回UTS教育研究会が開催されました。

この日は、嬉野台生涯教育センターの上出正彦先生を特別講師としてお招きし、「教育現場が求める教師像」をテーマに研究会を行いました。

全体会終了後の座談会も含め、大変有意義な研究会となりました。

以下、参加者の感想を掲載いたします。

現場で働くために必要な、教師としての資質や能力等が分かり、大変勉強になりました。今後、このような力を育んでいこうと思いました。

教員採用試験についての話をもとに現在求められている教師像が理解できました。今後の活動においては、今回お話された点を意識して行きたいです。

第8回UTS研究会開催のご案内

平成28年7月10日(日)13:30〜16:30 @兵庫教育大学加東キャンパス 講義棟104号教室

兵庫県立生涯教育センター 上出 正彦氏の特別講演

「教育現場が求める教師像」

私たちの周りには日々児童・生徒の成長を願い教育活動に邁進している教師が数多くいます。これから教職の道に進もうとしている学生・院生諸君や若い先生方にとって、学び続ける教師の姿を知ることは大切なことだと思います。今回はこうした教師の真摯な姿を紹介していただき、教師教育のための研修、教育専門家としての育成など基本的なことを皆さんと考えていきたいと思います。そこには「教育現場が求める教師像」のヒントが隠されているように思います。

平成28年度UTS教育研究会開催予定

今年度のUTS教育研究会一覧を掲載いたします。

なお、各研究会の詳細につきましては、それぞれ当ブログにてご案内いたします。

また、UTS教育研究会のFacebookページも公開しております。こちらでも研究会の案内等発信いたしますので、是非ご覧ください。

それでは、今年度もUTS教育研究会をよろしくお願いいたします。

皆様のお越しをお待ちしております。

f:id:hyokyo-uts-2015:20160502091838p:plain

第7回UTS教育研究会開催のお知らせ

兵庫教育大学社会系同窓会嬉野会主催の第7回UTS教育研究会は大学院修了生、学部卒業生を問わず参加できる研究会です。参加を希望される方は直接会場へお越しください。

 

                 記

1.日  時 平成28年5月15日(日) 13:30〜16:00

2.場  所 兵庫教育大学神戸ハーバーランドキャンパス 講義室5 

3.アクセス 神戸市営地下鉄ハーバーランド駅」又は JR「神戸駅」徒歩5分

       ※詳しくは兵教大HPをご覧ください。

4.講  師 河合健次先生(学部6期生:明石市立清水小学校主幹教諭)

5.テ  ー  マ 「南極授業」の実践内容 

6.内  容 

明石市立清水小学校の河合健次先生の授業実践についてご報告いただきます。河合先生は平成26年度の教員派遣プログラムによって南極に派遣されました。昭和基地から南極の様子(天体や自然など)を衛星回線を使って明石市立天文科学館に向けて発信し、特別授業を行いました。今回はこの南極からの中継授業について、その計画、準備、実践に至る流れと児童・生徒の反響などお話をいただきます。また南極の自然の美しさや厳しさ、さらに昭和基地の様子も語っていただきます。

7.ね  ら  い 

教師にとって日々の授業の創意工夫は必要不可欠です。わかりやすい授業や魅力的な授業とは何か。いつも問い続けながら教壇に立っている方も多いのではないでしょうか。今回はそういった日頃の授業を考える上で参考にしたい授業実践についての報告です。皆さんと魅力ある授業とは、そしてそれを支える創意工夫などについて考えたいと思います。

8.関連分野 小学校教育、授業実践、社会教育、教材研究

9.参加費用 嬉野会会員は無料です。

   会員外で参加を希望される方は下記までお問い合わせください。

   ◎兵庫県立須磨東高等学校教諭(嬉野会)山下恭   ☎078−793−1616 

   ◎兵庫教育大学大学院社会系教育コース 南埜研究室 ☎0795−44−2143

10.アンケートの実施

   UTS教育研究会では参加者の方へのアンケートを行っております。

   参加される方は是非ご協力のほどお願いいたします。

11.交流会の開催

   研究会終了後、場所を変えて交流会を実施します。

   さらにご質問がある方、興味のある方は引き続きご出席ください。

第34回 兵庫教育大学社会系同窓会嬉野会総会・研究会大会 講演会・懇親会が開催されました!

平成28年2月28日(日)に第34回 兵庫教育大学社会系同窓会嬉野会総会・研究会大会 講演会・懇親会(第6回UTS教育研究会)が本学神戸ハーバーランドキャンパスにて開催されました。

 

今回は、県立加古川東高等学校、小橋拓司先生による研究会、本学大学院教授、松田吉郎先生による講演会、そしてその後、場所を移して懇親会と非常に充実したものとなりました。

 

以下、参加スタッフの感想を掲載いたします。

 

今回のUTSは、2人の講師で行われた。1人は、兵庫教育大学東洋史を教えている松田吉郎先生であり、講義内容は「日本統治時代台湾原住民教育史研究」であった。もう1人は、兵庫教育大学の卒業生で兵庫県加古川東高等学校の教師を行っている小橋拓司先生で、講義内容は「高等学校課題研究における地理分野の授業実践」であった。

 「日本統治時代台湾原住民教育史研究」は、主に台湾の教育の内容についてであった。台湾の教育は、研究したことも学んだこともなかったので、今回の講義は新鮮味を感じた。中でも、一番興味を引いたのが、講義の最後の方で、原住民は日本語教育を受けたのが嫌がっていたのではないか思っていたが、実際は感謝していたことである。このことから、戦前の日本語教育は批判されることが多いが、全てが悪い訳ではないことを実感した。

高等学校課題研究における地理分野の授業実践」は、現代の地域における課題をテーマとして設定し、それを授業でどう生かしていくかの内容であった。私は「再生可能エネルギーの立地と地域の取り組み」をテーマに研究を行っているので、小橋先生の講義は大変興味深いものであった。また、私が教師になった場合、現代の課題について考える授業を行う予定であり、この点に関しても大変参考になる講義であった。

 松田先生の講義は、歴史分野及び教育分野で、小橋先生の講義は地理分野及び授業方法で貢献できる内容であった。そのため、今後の研究・授業で参考にしていきたい。