嬉野会 's blog

本ブログは,兵庫教育大学大学院社会系および認識形成系教育コース社会系教育分野の同窓会である嬉野会の広報ブログです。嬉野会では,2015年度より,兵庫教育大学学校教育学部社会系コースの卒業生ならびに在学する学生・院生を含めた組織に拡大するとともに,会員相互の研修を図ために,UTS(Ureshino Teachers Support)教育研究会を年5回程度開催することを計画しています。本ブログでは,主にUTS教育研究会の開催お知らせ等を掲載します。

記事内容更新のお知らせ

 下記リンク記事「第34回 兵庫教育大学社会系同窓会嬉野会総会・研究会大会 講演会・懇親会(情報交換会)のお知らせ」の内容に誤りがありましたので、訂正し記事を更新いたしました(赤文字部分)。

 

訂正内容

議案 (1)平成26年度 → 平成27年度

   (2)平成27年度 → 平成28年度

   (4)UTS教育研究会の設立について → UTS教育研究会の活動について

会費  6000円 → 5500円 

    資料代1000円 → 500円

   

hyokyo-uts-2015.hatenablog.jp

 

第34回 兵庫教育大学社会系同窓会嬉野会総会・研究会大会 講演会・懇親会(情報交換会)のお知らせ

寒冷の候、社会系同窓生の皆さま、お世話になりました教官の先生方いかがおすごしでしょうか。本年もまた下記の要領で「嬉野会」の総会・研究会・懇親会(情報交換会)をおこないます。今回の研究大会は第6回UTS教育研究会を兼ねております。今回は学部と大学院が一緒になって初めての総会です。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

            記

日 時 平成28年2月28日(日) 12時30分より受付

場 所 兵庫教育大学ハーバーランドキャンパス 『兵教ホール』

    神戸市中央区東川崎町1-5-7 ☎078‐361‐5023

受 付 12時30分より

総 会 13時

議案(1)平成27年度 事業報告・会計報告

  (2)平成28年度 事業計画・予算案

  (3)役員会の報告

  (4)UTS教育研究会の活動について

研究会(第6回 UTS教育研究会) 14時10分

加古川東高等学校 小橋拓司氏(自然地理学(地形学)、24期生、南埜猛研究室修了生)

「高等学校課題研究における地理分野の授業実践」

講演会 15時20分

兵庫教育大学大学院教授 松田吉郎先生(東洋史学:近代中国、台湾史)

「日本統治時代台湾原住民教育史研究—〈蕃童教育所〉を中心に—」

懇親会・情報交換会 17時30分~

 会場「ホテルクラウンパレス神戸マンダリンコート」 ☎ 078‐362‐1720

会 費 5500円(懇親会・情報交換会費含む)

◇総会・研究会のみ参加の方は、資料代として500円

(現役の社会系院生・学部生の総会・研究会参加は無料です)

◇懇親会・情報交換会のみは5000円頂戴いたします。

同窓生、教官の方々にはすでにハガキでご案内をしておりますが、住所変更などにより、連絡ができないかたもいらっしゃいます。またお問い合わせなどございましたら下記までご連絡ください。

 兵庫県立須磨東高等学校 ☎ 078-793-1616 山下(嬉野会事務局)

出欠確認について

下にある出欠確認票のファイルをダウンロードし、必要事項を記入の上, FAXまたはメールでご回答ください。本手続きで不明な点がありましたら,南埜(take@hyogo-u.ac.jp,0795-44-2143)に連絡ください。

第34回嬉野会総会・研究大会出欠票

第6回 UTS教育研究会開催のお知らせ

兵庫教育大学社会系同窓会「嬉野会」主催の第6回UTS教育研究会を下記の要領で開催いたします。(今回は「嬉野会」総会と同時開催の会員の研究発表と兼ねています。)UTS教育研究会は大学院修了生、学部卒業生を問わず参加できる研究会です。参加を希望される方は直接会場へお越しください。

                   記

1.日 時  平成28年2月28日(日) 14:10~15:10

(今回は「嬉野会」総会後に研究会がおこなわれます。)

2.場 所  兵庫教育大学神戸ハーバーランドキャンパス 「兵教ホール」

3.アクセス 神戸市営地下鉄ハーバーランド駅」又はJR「神戸駅」下車南へ5分

  詳しくは兵教大HPをご覧ください。

4.講 師  小橋拓司先生 (兵庫県加古川東高等学校教諭)

5.テーマ  「高等学校課題研究における地理分野の授業実践」

6.内 容  加古川東高校では、理数科において課題研究を実施している。この授業において、空間科学のテーマで地理教員も参加している。今回の発表ではこの授業実践を報告する。具体的なフィールドワークや論文作成などを通して得られる、地理的技能や地理的見方・考え方について考察し、理数科教育における地理教育の可能性について考えたい

7.ねらい

  昨年9月に文部科学省により次の学習指導要領骨格案が中央教育審議会の専門部会

で示されました。それによれば「地理総合」(仮)が必修科目として新しく設定されます。

この「地理総合」ではGIS(地理情報システム)の活用や地図の作製など「実戦型授業」

が中心となるようです。今回の研究会では小橋先生を講師に迎え、こういった新しい地理

教育に対応するための教師としての心構えや知識、さらに具体的な授業指導を中心テーマ

にすえて、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

8.関連分野

  地理教育法、フィールドワーク、探究学習

9.参加費用  「嬉野会」会員は無料です。

会員外で参加希望される方は下記までお問い合わせください。

兵庫県立須磨東高等学校教諭(嬉野会)山下恭     ☎ 078‐793‐1616 

兵庫教育大学大学院社会系教育コース 南埜研究室   ☎ 0795-44-2143 

 

〔参加の申込みについて〕

兵庫教育大学社会系の方 → 各学年代表へご連絡ください。

②それ以外の方 → 下記アドレスまでご連絡ください。

hyokyo.uts.2015@gmail.com

 *所属・氏名・連絡先を明記してください。

10.アンケートの実施

  UTS教育研究会では参加者の方へのアンケートを行っております。参加される方はぜひご協力のほどお願いいたします。

11.交流会の開催

  研究会終了後、場所を変えて交流会を実施します。さらにご質問などある方、興味のある方は引き続きご出席ください。(今回は「嬉野会」総会後の情報交換会となります。)

≪小橋拓司氏のプロフィール≫

兵庫教育大学大学院24期修了(南埜猛研究室修了生)

兵庫県加古川東高等学校教諭

◇専門は自然地理学(地形学)、GIS

第5回UTS教育研究会が開催されました!

平成28年1月10日(日)、兵庫教育大学神戸ハーバーランドキャンパスにおいて、第5回UTS教育研究会が開催されました。

 

この日は、兵庫県立須磨東高等学校の山下恭先生(大学院3期生)を特別講師としてお招きし、「高等学校における人権教育 ー 人権ロングホームルームの取り組みから ー」をテーマに研究会をおこないました。

 

以下、スタッフの感想を掲載いたします。

 

 「今日の研究会は、第1部、第2部に分けて行われました。第1部では、配慮の要する生徒との関わり方、また、その生徒を含んでの学級経営の方法を実際に山下先生が関わった生徒の具体的なお話からお聞きすることができました。その中から、教師としてあきらめずに最後まで生徒や保護者と誠実に向き合うことの大切さ、そしてあきらめずに向き合い続けることによって、生徒の中で解決することもあるというお話を聞くことができたのでとても良かったです。

 第2部では人権教育のお話を山下先生にしていただきました。このお話も山下先生が実際に関わった生徒のお話で、とても具体的に話していただきました。就職差別の改善の厳しさをとても痛感しました。しかし、山下先生のように、そのときその生徒のためにできる最大限の行動ができる教師になりたいと強く感じました。

 研究会後の交流会では、多くの偉大な先輩のお話を聞くことがでいとても良い時間となりました。」

 

f:id:hyokyo-uts-2015:20160203113119j:plain

 

今年度のUTS教育研究会は、次回2月28日(日)に開催されます「第34回 兵庫教育大学社会系同窓会嬉野会総会・研究会大会(第6回UTS教育研究会を兼ねる)」(下リンク)が最終回となります。是非ご参加ください。

 

hyokyo-uts-2015.hatenablog.jp

 

第5回UTS教育研究会開催のご案内

兵庫教育大学 社会系 関係各位

 

下記の通り、兵庫教育大学社会系同窓会「嬉野会」主催の第5回UTS教育研究会を開催いたします。

 

第5回UTS教育研究会

日時:平成28年1月10日(日) 13:30〜16:30

 

場所:兵庫教育大学ハーバーランドキャンパス 講義室5

 

アクセス:神戸市営地下鉄ハーバーランド駅」又はJR神戸線神戸駅」下車徒歩8分

詳しくは兵庫教育大学HP(交通アクセス|国立大学法人 兵庫教育大学 神戸ハーバーランド キャンパス)をご覧ください。

 

講師:山下恭先生(大学院3期生、柴田一研究室修了生、県立須磨東高等学校教諭)

 

テーマ:「高等学校における人権教育」

 

内容:

  1. 配慮を要する生徒の指導ー担任経験よりー
  2. 外国籍生徒の進路問題ー法の下の平等と在日外国人三世をめぐる諸問題ー

ねらい: 

 小中高の校種を問わず担任の果たす役割は重要である。児童生徒の成長段階に合わせた生徒指導は担任の仕事の大半を占める。また児童生徒の個性や家庭環境を重んじながらも、一方では集団としての規律ある秩序の育成を重んじる学級づくりも重要である。しかし教師の学級経営能力は一朝一夕に習得できるものではない。学級担任がクラスの生徒にどのように関わっていったらよいのかを考えるひとつのヒントとして2つの事例を紹介いたします。

 

関連分野:

 人権教育、生徒指導、学級経営、進路指導、学年集会指導、公民科教育

 

参加費用:嬉野会会員は無料です。

 会員外で参加を希望される方は下記までお問い合わせください。

 ・兵庫県立須磨東高等学校教諭(嬉野会)山下恭 ☎078−703−1616

 ・兵庫教育大学大学院社会系教育コース 南埜研究室 ☎0795−44−2143

 

〔参加の申込みについて〕

兵庫教育大学社会系の方 → 各学年代表へご連絡ください。

②それ以外の方 → 下記アドレスまでご連絡ください。

  hyokyo.uts.2015@gmail.com

 *所属・氏名・連絡先を明記してください。