嬉野会 's blog

本ブログは,兵庫教育大学大学院社会系および認識形成系教育コース社会系教育分野の同窓会である嬉野会の広報ブログです。嬉野会では,2015年度より,兵庫教育大学学校教育学部社会系コースの卒業生ならびに在学する学生・院生を含めた組織に拡大するとともに,会員相互の研修を図ために,UTS(Ureshino Teachers Support)教育研究会を年5回程度開催することを計画しています。本ブログでは,主にUTS教育研究会の開催お知らせ等を掲載します。

UTS教育研究会Facebookページのご案内

UTS教育研究会ではFacebookページを開設しております。

Facebookをご利用の嬉野会員各位におかれましては、同ページへの「いいね!」や投稿記事のシェアをよろしくお願いいたします。

兵庫教育大学UTS教育研究会Facebook

第13回UTS教育研究会開催のお知らせ

下記の通り、第13回UTS教育研究会が開催されます。

たくさんの方々の御参加お待ち致しております。

 

          記

1.日 時  平成29年5月14日(日) 13:30~16:30(受付:13:00)

2.場 所  兵庫教育大学神戸ハーバーランドキャンパス 「講義室」

3.アクセス 神戸市営地下鉄ハーバーランド駅」又はJR「神戸駅」下車南へ5分

  詳しくは兵教大HPをご覧ください。

4.講 師  廣岡俊二先生 (流通科学大学参与・神戸国際大学講師)

5.テーマ 「近世兵庫津の研究と古文書解読」

6.内 容  

  • 今年は神戸港開港150年目に当たります。今回の研究会では、「江戸時代の兵庫津」の歴史的変遷、その果たしてきた役割、さらに神戸港開港へと向かう経緯などを学ぶ機会としたいと思います。講師の廣岡先生は長年兵庫津の研究をされてきた方で、しかも古文書の知識もお持ちの方です。「古文書の解読」についても初歩からご指導をいただく予定です。日本の歴史研究をするうえで、古文書の読解能力は歴史をひも解くうえで不可欠のものとなります。これを機会に初心者の方やこれからさらに古文書の勉強をされたい方はぜひご出席ください。

7.ねらい   

  地域としての神戸の歴史を学ぶと同時に古文書読解の入門講座でもあります。

8.関連分野  近世日本史研究(流通史)、日本史教育、教科内容論、教材研究

9.参加費用  嬉野会会員は無料です。

 

会員外で参加希望される方は下記までお問い合わせください。

 ◎兵庫県立須磨東高等学校教諭(嬉野会)山下恭     ☎ 078‐793‐1616 

 ◎兵庫教育大学大学院社会系教育コース 小南研究室   ☎ 0795-44-2158  

10.アンケートの実施 

UTS教育研究会では参加者の方へのアンケートを行っております。参加される方はぜ

ひご協力のほどお願いいたします。

11.交流会の開催

 研究会終了後、場所を変えて交流会を実施します。さらにご質問などある方、興味のある方は引き続きご出席ください。

≪廣岡俊二氏のプロフィール≫

兵庫教育大学大学院修了(3期生、柴田一研究室修了生)

兵庫県立高等学校教諭・教頭・校長を歴任、現在流通科学大学参与・神戸国際大学講師

◇研友会賞受賞

第12回 UTS教育研究会開催のお知らせ

平成29年2月26日(日)12:30より受付 14:10~15:10@兵庫教育大学神戸ハーバーランドキャンパス 「兵教ホール」 講師 安達一紀先生 (兵庫県立姫路東高等学校教諭) テーマ 「ヒストリー・リテラシーを高める発問」 内 容  ヒストリー・リテラシーを高めることを意識した世界史の授業を心がけてきました。「お誕生曜日は何曜日」と問いかけられて、こたえられる生徒はほとんどいません。そのようなことに意識して過去を振り返ることを学んでいないからです。歴史を学ぶ事でかえって過去への振り返りかたが窮屈になっていることがたくさんあるように思います。過去に何があったかだけではなく、過去がどのように語られ、「歴史」とまとめられて私たちの前に差し出されているのか、そういうことを意識して歴史言説とかかわるチカラをヒストリー・リテラシーとして、その育成を普段の授業で試みてきました。なぜそのようなことにこだわるのか、具体的に授業の中でどのような問いを生徒に投げかけてきたのか、その一端を紹介したいと思います。(安達一紀先生より) ねらい   歴史教育のあり方、人と歴史とのかかわり方を学びます。 関連分野  歴史科教育法、教科内容論(世界史分野)

第11回 UTS教育研究会が開催されました!

平成29年1月8日(日)兵庫教育大学神戸ハーバーランドキャンバスにおいて、第11回UTS教育研究会が開催されました。

この日は、兵庫県立須磨東高等学校教諭の山下 恭さんを特別講師としてお招きし、「日本史教育の研究-1945年夏ソ満国境の街虎頭の住民に起こったこと-」をテーマに研究会を行いました。

全大会終了後の座談会も含め大変有意義な研究会となりました。

以下、参加者の感想を掲載いたします。

高等学校教科書「詳説日本史B」(山川出版)には、詳しく掲載されていない、ソ連軍侵攻時の虎頭住民についてのお話をいただいた、山下 恭先生の母の実体験から始まり、さまざまな資料、証言をもとに、ソ連軍の侵攻による満州にいる邦人の被害の大きさがしみじみと伝わってきた、特に、8月7日~のさまざまな人の証言でソ連侵攻時の状況を伝えていくお話では、よりその状況下の虎頭住民の考え、行動、被害の度合いがリアルに伝わってきた。

第10回UTS研究会のお知らせ

11月27日(日) 12:30~受付 13:10~16:20 授業研究会@兵庫教育大学加東キャンパス 講義棟 104号教室

加用卓也先生(神戸市立六甲アイランド高等学校教諭)

箕田心一先生(加東市立社中学校教諭)

小林豊茂先生(加東市立社小学校教諭)

陶山 浩先生(コメンテーター)の特別講演

テーマ「小中高の授業分析ー公民的分野授業の同時体験と研究協議ー」

内容 1.小学校、中学校、高等学校の現職教師による授業実践

小学校、中学校、高等学校の公民系分野の授業を共通テーマで実施

本年度のテーマは「憲法学習」です

2.兵庫教育大学学部生の参加型授業体験

一つの研究会で小中高の公民授業の特性を肌で実感し比較体験する

3.研究協議

小学校、中学校、高等学校の授業の特性を考える